結婚指輪を贈る習慣は、いつごろから始まり、左手の薬指に着けるようになったのでしょうか?

結婚指輪は挙式までに用意する

結婚式を挙げるカップルなら、結婚指輪を最初に指にはめるのは、挙式の時です。

この場合は挙式までには用意しないといけません。

・結婚指輪を渡す方法:結婚式を挙げる場合は挙式の時に、指輪交換のセレモニーがあるのでその時に交換し合います。

これは教会やチャペルでもそうですし、神前式でも同じです。

最近は和装の神前式も人気が出ていますが、この場合も指輪を交換する儀式を行います。

では挙式も披露宴もしないカップルはどうしたらいいのでしょうか。

・結婚式を挙げないカップルの場合:この場合は自由に決めていいと思います。

入籍をする日にお互いの指に結婚指輪をはめてから、役所に婚姻届けを提出しに行くのも素敵です。

とりあえず結婚指輪だけを先に購入しておけば、後はタイミングを決めて渡せばいいので2人の記念日や誕生日、バレンタインやクリスマスなどのイベントに渡してもいいと思います。

最近はあまり形式にとらわれず、自分たちのスタイルを貫く人も増えているので、結婚指輪も婚約指輪もなしというのも少なくありません。

・まとめ:結婚指輪はあくまでも形式であり、そういう風習になっているからなんとなく皆もそうしているというのはあります。

でも夫婦の証となるものですし、永遠の愛を誓うという意味も込められているので、式はしなくても結婚指輪だけは用意しておくと、夫婦としての実感もわきやすくなると思います。

生活の邪魔にならないシンプルなデザインを選びましょう。