結婚指輪を贈る習慣は、いつごろから始まり、左手の薬指に着けるようになったのでしょうか?

結婚指輪の起源

結婚する際慎重に選びたいのが、結婚指輪。

結婚指輪の始まりはいつからか、ご存知でしょうか?実は、古代ローマ時代まで遡らなければなりません。

その当時、パワーをもらうアイテムの一つとして活用されていた指輪を恋人同士が交換して持つようになり、その指輪が結婚の証として交換されるようになったことが始まりだそうです。

その交換の儀式が、結婚式の儀式として定着したのが11世紀。

その当時はまだ円い形ではなく、かまぼこの形をした指輪だったとのことですが、やがて徐々に円い形へと変化を遂げ、現在のような円い形状をした指輪が結婚指輪のもっとも一般的な形となったとのことです。

ちなみに円い形は、永遠を象徴しているとのこと。

婚約指輪の円い形で永遠の愛を誓い、結婚指輪の円い形で永遠の絆を誓うのです。

また結婚指輪を着ける指についてですが、一般的には左手の薬指に着けますが、それは左手の薬指が心臓の血管とつながっているという、古代エジプトの時代からある言い伝えによるものです。

古代エジプトでは左手は信頼を、薬指には愛情を意味するパワーがあり、婚約指輪、結婚指輪ともに左手の薬指に着けるようになったとのことです。

但し結婚指輪を左手の薬指に着けるには諸説あり、この古代エジプト説が絶対ではありません。

古代ローマでは結婚指輪は左手にはめるべしなる定めがあり、左手の薬指に着けることで誠実と貞節を証として示したとの説もあるとのことです。

◎関連ページ>>一押し結婚指輪こだわりサイト