スーパーコンパニオンの女の子、扱いがむずかしいなんて空想の世界です。

そんなこと気にせず、女の子に身を委ねましょう。

激アツ間違いなしです。

■“遊びの達人”こそスーパーコンパニオンなのだ!

スーパーコンパニオンの女の子だから接し方がむずかしいとか、扱いが面倒などということはありません。

良くキャバクラの常連などが、「キャバ嬢は、ご機嫌とるの大変で疲れる」なんて言いますが、それは自慢が半分、常連になって日参したときの話。

スーパーコンパニオンの特定の女の子を指名して週1ペースで呼んだりしない限り、“慣れ”は生じないので大丈夫。

むしろ遊びの達人と呼ぶべき存在です。

■初心者がカタマッテしまってもリードはバッチリ。

ではどんなところが遊びの達人かというと、王様ゲームや野球拳、ツイスターゲームなどの定番はもちろん、客が名案の出ないゲームでも適当にアレンジしてリードしてくれたり、多少のエッチ行為には目をつぶってくれたり~。

お酒をおいしく楽しく呑ませてくれるテクニックもスゴいです。

もちろんキャリアによりますが。

なので安心してオーダーしてもらって大丈夫です。

■スーパーコンパニオンが来たら、「初心者なのでヨロシク!」と、軽く自己紹介しておきましょう。

スーパーコンパニオンとの作法も知らないのに常連ぶっても、化けの皮はスグに剥がれてしまうもの。

相手はプロですから。

それより素直に告白しておいたほうが、コンパニオンの手ほどきが極上だったりします。

初心者はノリの運びも不自然になりがちなので要注意。

ノッケからエッチ攻撃はナシにしましょう。

お楽しみは徐々に。

【関連サイト】スーパーコンパニオンサポーター